旅するアニメトロ

Over the rainbow, Over the dimension.

伊東

8月 23

[切符] 伊豆急 キャンドル カフェ IN 下田 割引往復乗車券

2014年8月1日から 3 日まで、静岡県下田市における下田キャンドル カフェの開催に伴い、同期間中販売された乗車券です。

キャンドル カフェ IN 下田 割引往復乗車券

発売場所は無人駅である伊豆北川と稲梓を除く伊豆急線の各駅、発売区間は販売各駅から伊豆急下田までの往復、有効期間は距離により異なり 2 日または 4 日です。自動改札は通れない非磁気軟券で、伊東駅で購入した物は金額および着駅補充式でした。

発売額は通常往復うんちの 30% 割引に設定されており、写真の伊東発着の場合、片道 1,620 円 (IC の場合 1,615 円、消費税 8% に伴う 2014 年 4 月改正現在) x 2 = 3,240 円に対し、970 円お得になります。

伊豆急の切符は JR 委託の伊東駅も含め、すべて現金のみ取り扱いのため、クレジット カードや Suica 等の IC カードのチャージでこの切符を買うことはできません。

ちなみに伊豆急行線の乗車券は、片道の営業キロが 24km を超える場合は途中下車が可能なため、この切符を伊豆大川駅以遠の各駅から購入した場合、伊豆急下田までの往復それぞれで途中下車が可能になります。

なお本券とは無関係ですが、JR から伊豆急、またはその逆の連絡乗車券でも、片道の通算営業キロが 100km を超える (101km 以上の) 場合は伊豆急行線内の途中下車が可能となります。ただし 100km 超でも、全経路在来線経由で東京近郊区間を発着する乗車券では不可で、実際の乗車経路にかかわらず (すべて在来線に乗車したとしても) 新幹線を経由する (たとえば品川~小田原間が新幹線など) 乗車券であれば途中下車が可能になります。

8月 23

[日記] μ's の決断を下し、人気アーティストを警護し、下田でキャンドルを

静岡県下田市にて、毎年 8 月恒例のキャンドル カフェが今年は 1~3 日に行われるとのことで、2 日の土曜日に行ってきました。

TV アニメ「夏色キセキ」にて、初めて下田を訪れたのが 2012 年。作中で描かれていたキャンドル カフェを見に行きたいと思うも、一昨年はタイミング悪く夏風邪でダウン、去年も都合により行けずと悔しい思いをしましたが、ついに今年はチャンスが巡ってきた!

…と思っていたのですが、この日は早朝から他作品の舞台探訪もしつつ下田に向かうつもりが、寝不足続きで盛大に寝坊。すでに日差しは高く気温は殺る気マンマンです。

青春 18 きっぷ入鋏印しかし、毎年行われているとはいえ、もしかしたら来年のキャンドル カフェは雨で中止になるかもしれないし、何より来年の私が行ける保証はどこにもない。ならばどうするか? もちろん、照りつける太陽に抗 (あらが) い出かけるのみです!

国府津海岸かくして私は、手持ちの青春 18 きっぷの残りを手に、東海道を下ることになりました。この時すでに正午近く。そして途中ダイヤ乱れに翻弄されつつも、まずやってきたのは JR 東海の縄張りである御殿場線と接する、国府津 (こうづ) 駅。ここはアニメ「ラブライブ!」2 期 11 話でμ's が重大な決断を下した海が、駅の前にあります。

ウィルコム解散もとい合併…じゃなかった、μ's 決意の地ナウそして、海水浴シーズンにもかかわらず人影まばらだった国府津海岸で、旅するイエデンワを始めるワタクシ。何をやってるんですかね? そういえば、ここでμ's も重大な決断をしましたけど、PHS のウィルコムも今月、解散もといイーモバイルと合併という決断をしましたね…(すごくどうでもいい)。

証明写真機浜辺を後に、国府津駅前で写真を撮る機械の写真を撮る (ラブライブ! に登場した証明写真機の撮影) という、傍目には怪しい以外の何物でもない作業を終えると、再び東海道線に乗車。

白糸川橋梁 1国府津から下って 4 駅目、東海道本線唯一の無人駅、根府川 (ねぶかわ) で降り歩いて向かったのは白糸川橋梁 (きょうりょう) です。この鉄橋、かつて「撮り鉄」には有名な東海道線の撮影スポットでしたが、1986 (昭和 61) 年に起きた山陰本線の余部 (あまるべ) 橋梁列車転落事故を受け、現在は強風対策のフェンスが設置されてしまいました。しかし、そのような場所柄もあってか、TV アニメ「RAIL WARS!」の 4 話では冒頭から登場。

白糸川橋梁 2列車の撮影には適さなくなりましたが、間近で見ると、真っ赤に塗られた骨組みが青い海と緑の斜面に映え、とても美しい鉄橋です。

駅に戻ると、なにやらラブライブ! のねんどろいどを手に写真を撮る先客の姿が…そう、ここ根府川は先ほどの国府津海岸から穂乃果たちがやってきた駅。実際にアニメ各シーンで描かれていた背景とカメラの構図を合わせてみると、その再現度の高さに驚かされます。構内の注意書きなども正確に描かれており、11 話制作に当たってはここまでロケハンに来たものと思われます。

しかし、こんな都内から離れた駅をラブライブ! に登場させたのはなぜでしょうか?

根府川駅その答えとなるのは今日あの場所で海を見たのは、私たち 9 人だけ。この駅で今こうしているのも、私たち 9 人だけというエリーチカこと絵里の台詞です。駅に 9 人だけにするには、係員のいない無人駅でなければなりません。ちなみに海の家や屋台といったものが皆無のためか、私が訪れた際の国府津海岸には海水浴客もほとんどいませんでした。多くの作品で海といえば登場する江の島などは、オフ シーズンでもサーファーなど人が絶えません。μ's だけを演出するには、根府川と国府津海岸は相互の距離からも好都合だったのでしょう。

オレンジ ビーチさて、根府川の次は、熱海で伊東線に乗り換え、やってきたのは伊東駅。ここで RAIL WARS! 4 話登場カットの回収再開です。ホーム上を適当に撮ってる間に、ちょうど作中に登場した特急踊り子の 185 系がやってきたので、それも撮影。駅から徒歩 5 分の伊東オレンジ ビーチにも行ったのですが、この日は台風接近の影響で風が強く、巻き上がる砂ぼこりに負け早々に退散。

キャンドル カフェ IN 下田割引往復乗車券駅に戻ると、前日に下田キャンドル カフェの 3 日間限定で割引往復乗車券を販売中という情報を得ていたので、物珍しさもあってみどりの窓口で購入しました。そして、いよいよ下田に向け伊豆急に乗車。

本日の最終目的地、伊豆急下田に着くと、すっかり日は暮れ真っ暗でした。改札内窓口で切符を提示し、なんとまだ配布していた夏色キセキのポスト カードを受け取ると、まっすぐキャンドル カフェの会場へ。

そして到着したペリー ロードはキャンドルの光にあふれ、たくさんの露天が並び、行き交う人々で賑わっていました。やっぱりというか、カップルと家族連ればかりで、ちょっとセンチメンタルな気持ちで私はカメラのシャッターを切っていましたけれども。

キャンドル カフェ 1 キャンドル カフェ 2
キャンドル カフェ 3 キャンドル カフェ 4
キャンドル カフェ 5 キャンドル カフェ 6
キャンドル カフェ 7 キャンドル カフェ 8

家を出たのが遅すぎ、さらに寄り道も繰り返したので、あっという間に近づく東京方面終電の時間。この日は最後に、夏色キセキにも外観の登場したペリー ロード沿いの喫茶店ペペにてカレー ライスをいただいて帰ることにしました。ここも私の訪れるタイミングが悪く毎回定休日だったので、以前から来てみたかったのです。

ペペのカレーお店の方はもちろん、アニメについてはご存じ。私が 2 年ごしの念願かなってキャンドル カフェに来たことを話すと、実はガルパンの大洗に行ってみたいと思っている (笑) など様々な話をしてくださり、中でも印象的だったのはまとめブログの「ご当地」アニメの成功と失敗について。いわゆる「円盤」の売れなかった下田は失敗の分類だった事を気にされていたのですが、単純にその売り上げだけで成否を決めつけていた記事には、私としても強く違和感を感じました。だって、今もファンは下田に集うし、有志の企画列車の運行に、作中に登場した伊豆急も協力してくれる。都内の大手私鉄じゃこうはいかないだろうし、そういう地域の活動を無視して BD/DVD セールスだけで評価するのはどうなのか。

しずおかコーラ夏色キセキについては確かに一部ではネガティブ評価もありましたが、私が思うにそれは関心の裏返しだと思うのです。逆に言うと「ご当地」最大の敵は無関心であり、無視され忘れ去られること。これだけ数多くのアニメが放送される昨今「ああ、そんなアニメもあったな」と知られ、ひっきりなしに新しい巡礼者は訪れなくとも、根強いファンがいる。それだけで、作品が生まれ、放送されたことに意味があるのではないかと、自分は考えたいのです。だって、そうでなければアニメから 2 年も過ぎて下田に来る物好きなどいなかったんですから、私のように! どうやらペペのカウンターに座っていた私の隣も同業者さんだったみたいですし。

アニメと地域の関係、その評価の難しさを感じつつ、これまた夏色キセキに登場した駅前のローソンでしずおかコーラなる飲料を見つけ、それを手に本日は伊豆急下田を離脱。今度はもっとゆっくり、暮れゆく空に映えていくキャンドルを日没前から見たいな…できることなら、一緒に歩いてくれる、彼女を見つけて。

…などと思いながら瓶を傾けた、緑茶成分を含むしずおかコーラは甘さの中に、ちょっと渋みがあったような、そんな気がしました (おわり)。

8月 23

RAIL WARS! 第 4 話 舞台探訪 (聖地巡礼): JR 伊東線 伊東駅 他

TV アニメ「RAIL WARS!」第 4 話『気に入っちゃったかもね』より、JR 伊東線・伊東駅および周辺と、白糸川橋梁を紹介します。

白糸川橋梁

4 話の冒頭、およびエンディング前に登場する赤い鉄橋は、JR 東海道線・根府川 (ねぶかわ)~真鶴駅間にある白糸川橋梁。根府川駅の改札を出て左の坂を少し上り、左手に現れる階段を下ると以下の場所に着きます (Gmap)。

04-0123 白糸川橋梁 白糸川橋梁
はるか頭上の鉄橋を作中のよう山を背に真横から撮るには、空を飛ぶか、あり得ないほど長い一脚でもなければ無理です。

伊東駅

東海道線の熱海駅から分岐する JR 伊東線の終点ですが、多くの列車はそのまま伊豆急行線に直通運転します (Gmap)。伊豆急は國鉄…もとい JR でないので、乗り過ごすと高額な運賃が発生するので注意。

04-0652 伊東駅 伊東駅 1
04-0659 伊東駅 伊東駅 2
"戸口から戸口へ 国鉄コンテナ" は実際の国鉄で使われていたキャッチ コピー。

04-0706 伊東駅 伊東駅 3
作中左は「夏色キセキ」でおなじみ伊豆急 2100 系リゾート 21、右が 185 系。しかし前者に、このデビュー当時のオリジナル塗色は現存せず、後者も作中と同じなのはリバイバル塗装された 1 編成のみで、パノラマ グリーン車は現実には存在しません。

04-0707 伊東駅 伊東駅 4
04-0718 伊東駅 伊東駅 5
04-0727 伊東駅 伊東駅 6
04-0728 伊東駅 伊東駅 7
番線表示などの相違もですが、作中で描かれている駅ホームは実際より細いですね…。

04-0736 伊東駅 伊東駅 8
踊り子のいる 2 番線を撮ってしまいましたが、このシーン正しくはリゾート 21 のいた 3 番線ですね。

04-0741 伊東駅 伊東駅 9

伊東オレンジ ビーチ

伊東駅を出て、正面の道路を左に徒歩 5 分ほどで着く海水浴場です (Gmap)。

04-0800 オレンジ ビーチ オレンジ ビーチ 1
04-1200 オレンジ ビーチ オレンジ ビーチ 2
04-1223 オレンジ ビーチ オレンジ ビーチ 3
おおむね遠方に見える地形は一致しますが、実際の浜辺には護岸されている箇所があります。

この記事内の地点を含む「RAIL WARS!」まとめマップはこちら。

より大きな地図で RAIL WARS! まとめを表示

この日の私の足取りは以下に。ラブライブ! (2 期) 舞台探訪と、下田キャンドル カフェの写真もあります。

この記事では比較研究のため「RAIL WARS!」の画像を引用しており、これらの各種権利は © 豊田 巧/創元社・ProjectRW! に帰属します。

記事検索
最新コメント
最新トラックバック